いつも不思議に思っていること

私はいわゆる投資家のマジョリティではないので、彼らが信じて疑わない前提がどうにも理解できない。

何年たっても理解できないことが山ほどあるので、列挙してみた。

・なぜ人口が減る中で物価が上がる=インフレを絶対善として見ているのか?そういう宗教があるのか?

・なぜ地球のリソースには限りがあるのに人口が無限に増え続けられると思うのか?火星にでも住む気か?

・なぜ賃金と物価がともに上がるのをヨシとし、両者がともに変わらないとダメなのか?実質では同じである。名目価格の株価が上がってほしいだけならなぜそう言わないのか?

・なぜ自国通貨を安売りして発展途上国と同じ土俵で戦おうとするのか?いつまでたっても馬鹿の一つ覚えのようにモノづくりしかできない国民なのか?

・なぜ一人当たり負担が数十円にもならない汚職やスキャンダルには青筋立てて起こるのに、数十万、数百万が知らぬうちに消えている円安とインフレには無頓着なのか?

・なぜ無能社員でも一生会社に寄生できる日本社会で、いつ首を切られるか分からないリスクを背負った欧米並みの賃金上昇を求めるのか?どこまで虫が良いのか?

・なぜ誰もがポジショントークであることは明らかなのに、インフルエンサーなどというものを信じようとするのか?

・なぜ金利をいくら下げてもリスク資産のバブルにしかならなかったのに、金利を少しでも上げれば実体経済が死ぬと叫ぶのか?これがなぜ単にリスク資産の暴落を避けたいポジショントークだと分からないのか?

他にも分からないことが山ほどあるが、一つ言えるのは、全て投資家のポジショントークだと考えると辻褄が合うことである。彼らは断じて認めようとはしないだろうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。