大緩和時代しか知らない参加者と正常性バイアス

今の相場を一言で表すとタイトルの通りになるのではないか。

リーマン以降に財を成して書籍など出して儲けているインフルエンサーをありがたがって崇拝している暇があるなら、サイコロでも振ったほうがマシだと思うのだが、恐ろしいほどにこの界隈は投資詐欺と妄信者にあふれている。

パラダイムが変わり得る局面に居ながら古いパラダイムで物事を考えることほど愚かなことはない。

これは無論ダウンサイドだけを見て行っているのではなく通貨価値の毀損から来る名目上のアップサイドにも言えることである。

ここまでモラルハザードが進んだ時代は過去なかったし、ここまで長いブル相場が続いたのも珍しい。

上にも下にも相当な振れ余地がある中で、未だに直近10数年のデータだけ見て何を語ろうというのか。

そしてデータすら切り取り方次第でいくらでも異なった印象を与えられる。

ネット上の情報などほぼすべてがポジショントークといってよいだろう。

私はチャーチストではないが、変に情報を追っかけまわすよりはチャートだけ見ているほうがマシというのは一定理解できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。