ファンダは支えになるのか?

いわゆるバリュー系の割安株を買う際に、ファンダ面からのアプローチをしている人は多い。

ファンダ面での評価方法としては、単純なPERやPBRなどを含むマルチプル法、DCF法、そして私自身は良く用いているのは同一銘柄内でのヒストリカル比較(ヒストリカルPER、PBR等)がある。

これに対しテクニカル的に(主に月足など大きな足での)チャート面から下値目途を探る方法がある。

どちらが良いのかは一概には言えないだろうが、一般的にはバリュー系の人はファンダ的なアプローチを好む人が多いように思う。

ファンダ的な評価についても一長一短がある。

まず単純なPERは業績のブレにほとんど対応できないしシクリカルには逆指標でしかない。

PBRも明快だが純資産の中身の評価が肝心でこれは企業ごとに評価せざるを得ず、いくら同業種だからと言って単純比較できるものでもない。

EV/EBITDAは一面では理にかなっているがこれも結局は実績ないし予想利益を基にしている時点でPERと同じ弱点がある。シクリカルの好業績時には非常に低い値が出るが不況時には真逆になる。

DCF法については上記よりも長い期間のキャッシュフロー予測=業績予測が必要で、評価者の恣意性がとんでもなく入り込むと感じる。某証券会社のレポートはDCFを用いているが出てくる目標株価は首をかしげたくなるものばかりだ。

そして個人的には最もマシと思っているのが同一銘柄のヒストリカルPER、PBR評価。これは市場の値付けは常に正しいという理屈を一定反映しており、例えば花王のような企業は常に高いバリュエーションであるが背景として数字に出てこない無形価値(=ブランド力、企業規模、業績の安定性、株主構成などの需給も含む)を反映していると考えられ、その過去比較で下に逸脱すれば安いと判断できるのではと考えられる。

しかし足元、例えば私の保有株であるメグなどは全くヒストリカルPBRが機能していない。私自身これに頼って2000円オーバーから買い始めているので完全な失敗トレードとなっている。

ディフェンシブについてはシクリカルと異なり一定の業績安定性があるのでヒストリカルPERやミックス係数で見るという考え方もできるが、ただ結果論ではあるが単純に月足チャートだけ見ていればよかったのでは?という思いもある。

そもそもファンダが支えになるのは詰まるところ買収可能性が背景にあるからで、以前にも書いたかもしれないが例えば非上場の親会社が過半を持つ大株主で実質的に買収できないようなところは低PBRが当たり前で、いやむしろPBRなど見られていないといってよい。(TOB期待などは一定働くだろうが)

買収可能性が支えになるとすればEV/EBITDAが最も機能しそうにも思えるが、まあこれも1や2とかはたまたマイナスとか言うレベルにならないと実際そういう話にはならない。

これは当然だが例えばPBRは絶対値として1やそこらではそもそも支えにすらならず、それが0.7や0.8でも大差ない。こういったぬるま湯レベルでファンダが支えになるというのはあまり期待しないほうがいいだろう。

ヒストリカルの評価もあくまでも過去比較での逸脱度合いを見る参考にはなるがだからといってそれがすぐに回帰する理由にもならず、そもそも時代時代によって例えばバリューが高い評価をされていたリーマン前、死んでいた大緩和時代など「妥当な評価」基準は刻々と変わり得る。

多くのサイトなどでヒストリカルデータを見るにしてもせいぜい10~20年で、加えて90年代などは日本株の株主構成もかなり異なりそれはそれで役に立たない。

となるとあながち大きな足でのチャートだけ見ているほうがかえって素直で良いような感覚すらある。

少なくとも、以前に書いたように私はテクニカルはそれなりの意味があると思っている。

なおテクニカルだけ見れば食品株はどこも買えたものではないのが悲しいところだ(泣)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です